出会い系サイト体験談 出会い系サイト攻略法

マッチングアプリで婚活した女性が体験談を告白!ねほりんぱほりんEテレ

2020年2月12日

 

2020年2月5日放送のNHK(Eテレ)の人気番組ねほりんぱほりんで、マッチングアプリの第二弾が特集されました。

第一弾ではマッチングアプリで性生活を楽しんでいる男女が攻略法などを赤裸々に告白。

<第一弾はこちら>

 

第二弾の今回は「真剣に婚活している社会人女性」が2人登場し、体験談を話してくれました。

 

NHK・Eテレねほりんぱほりん マッチングアプリで婚活する人

 

第二弾はマッチングアプリで婚活をする「素晴らしさ」と「難しさ」の両面を伝えてくれていて、とても有益な内容だったので当サイトでも共有したいと思います!

リアルな婚活体験談だよ!

マッチングアプリにいるヤリモク既婚者に翻弄され続けた婚活女性

一人目に登場したのはアユミさん。

NHK・Eテレねほりんぱほりん マッチングアプリで婚活する人 アユミさんのプロフィール

28歳の時にマッチングアプリで婚活を始めて、今もマッチングアプリで出会いを探している32歳の女性。お仕事は営業職。

顔出しはしていませんが、番組MCの山里亮太さんとYOUさんによると「容姿はマッチングアプリなんて必要ないレベルの美女」。

写真で見た感じは巨乳ですね、間違いなく。

美女で巨乳…ヤリモクに狙われそう…

 

NHK・Eテレねほりんぱほりん マッチングアプリで婚活する人 アユミさんの求める人

始めたきっかけは元彼が結婚したこと。28歳という年齢もあって焦りを感じたそうです。

今後の人生を考えると不安もあるし、子供も欲しいので結婚はしたい。年齢的にも子供を生むにはリミットがある。

本当は日常生活や仕事の関係で出会いたいけど、忙しいので時間的に難しい。

周りは次々と結婚していき、紹介も減ってくる。

そんな中、マッチングアプリなら隙間の時間でできるし、相手は無限にいるので効率が良いと感じているのだそう。

やれることは全部やっておこうと決意してマッチングアプリを続けているのだそうです。

彼女が置かれた環境の中で辿り着いたのがマッチングアプリ!

 

NHK・Eテレねほりんぱほりん マッチングアプリで婚活する人 男性に求める条件

アユミさんは自分と似ている生活環境・スペックの男性を求めていて、アプリでは検索条件に以下の項目を入れて絞っています。

プロフィール 求める条件
職業 会社員
年収 400万円~600万円
結婚歴 初婚
休日 土日休み
学歴 大卒以上
年齢 28~35歳
身長 170cm以上

すべてにおいて「普通の男性」を求めている感じですね。

これって高望みしていないように見えるんですけど、超高望みのパターンです。

本人は謙虚な気持ちで条件を考えたと思いますが、実態は真逆なんですよね。

男選びに失敗する女性の典型例です。

良い部分もあれば悪い部分もあるのが「普通の人」で、すべての条件が普通の人はいないんですよ。

すべてが普通以上の人は24時間リセマラしても引けないレベルの超激レアキャラ。ヒエラルキーのトップ層。めちゃくちゃモテる人。すでに他の女性のモノになっている可能性大です。

しかもアユミさんは内面に重きを置かず、表面(スペック)を重視していて、なおかつその自覚がないのが致命的…

番組を見ていると性格がとても良い女性だと感じましたが、その点は無自覚なようでした。
山里さんとYOUさんも指摘していませんでしたし…

良い人なのに可哀そう…

 

入会初日に100人からいいねをもらったアユミさん

アユミさんはマッチングアプリに入会した初日に「いいね」を100人くらいの男性からもらいました。

マッチングアプリで婚活する女性に群がる男たち

まさに入れ食い状態。

「私、求められている!」と感じたそうです。

 

多くの女性が体験するんですよね。マッチングアプリに登録すると。

登録初日が一番"いいね"がもらえるんですけど、それには理由があるんです。

ネトナン(ネットナンパ)をしているヤリモクたちが新人狙いで「いいね」するからです。マッチングアプリに慣れていない女性はヤリモクから見れば"カモ"。一番落としやすいんですよ。

婚活目的の女性は初日にいいねしてくる男性には特に注意しましょう。

ヤリモクの手口を知らない女性が多いんです

逆にヤリモクの女性にとっては相手を選び放題なんですけどね(笑)

 

マッチングアプリにいる既婚者

マッチングアプリにいる嘘つき既婚者

アユミさんが最初に会った男性は、既婚者であることを隠していました。

マッチングアプリは既婚者の登録を禁止しているのですが、無視して登録するヤリモク既婚者が多いんですよ。規約を守らない上に、既婚者であることを隠して真面目な女性を自分の性欲の捌け口にするクズ男たちです。

年収が高い男性やイケメンほど既婚者が多いので、スペック重視で男性を選ぶ女性は隠れ既婚者に騙されやすくなります。

<関連記事>

 

既婚者の見分け方

既婚者を見極める5つの方法

隠れ既婚者があまりにも多かったため、アユミさんは既婚者を見抜く方法を5つ考えました。

 

①本名を聞き出し、Facebookで正体を確かめる

妻子持ちだった消防士

Facebookには嘘を書く人が少ないので、マッチングアプリに書いてあるプロフィールと照らし合わせます。

アユミさんが出会った消防士の男性は、マッチングアプリでは独身と言っていたのに、Facebookでは子供を抱っこして良いパパをしていたそうです。

 

②土日にデートの約束ができるかカマをかける

土日にデートに誘う

家族のいる人は土日のデートを断ることが多いです。

男性の誕生日、クリスマス、子供の運動会などのイベント時も断ります。家族の手前、抜け出せないんですね。

誕生日、クリスマス、バレンタインは本命の彼女がいる男性も断りますね。浮気者を見破る絶好の機会。

 

③夜に電話をかけて、普通に出るか確かめる

夜間に電話をする

奥さんの前では絶対に電話に出ないので、夜自宅にいる時間を狙って電話をかけます。

独身男性でもお風呂に入っている時などは電話に出れないこともありますが、普通はその日のうちに折り返しの電話があります。
なければ黒ってことですね。

 

④結婚しているかストレートに聞く

もしかして既婚者ですか?と尋ねる

何を聞かれても既婚者であることを隠し続けるサイコパスな男性もいますが、後ろめたい気持ちがある男性はストレートに聞かれると嘘をつき辛くなります。

「ごめん、本当は結婚してるんだ。それでもいいなら…どう?」という感じで開き直るんですね。

 

⑤実家暮らしは怪しい

実家暮らしの男性は既婚者の可能性が高い

妻子のいる自宅に来づらくさせるために「実家暮らし」と嘘をつく既婚者もいます。

普通に実家暮らしの男性もいますけどね。

 

私がヤリモク男から聞いた嘘では「叔母と一緒に暮らしている」というのがありました(笑)

親だと挨拶に来たがる女性もいますが、叔母だと来ないらしいです。

 

この5つのチェックをしても既婚者は紛れ込む

既婚者を排除しても、4人に1人は既婚者だった

アユミさんはこの方法で既婚者を排除していますが、それでも実際に会った男性の4人に1人は既婚者だったそうです。

 

マッチングアプリにヤリモクが多い理由

アユミさんは「なぜ真面目なアプリのはずなのにこんなにヤリモクが多いの?」と疑問に思っていたそうですが、その理由が「広告」にあると考えました。

「男性向けの広告」と「女性向けの広告」の内容が異なっていることに気づいたそうです。

女性向けの広告は「真面目な出会い」「婚活アプリ」「爽やかな写真」など、安全で清潔な恋愛ができるイメージで作られています。

しかし男性向けの広告は「やれるアプリ」「セフレが作れる」「胸の谷間を強調した写真」など、エロ系のイメージになっています。

そのため男性はヤリモクで登録する人が多いとアユミさんは仰っていました。

 

私の予想ではアユミさんが使っているアプリは「Omiai」か「タップル誕生」っぽいです。

たとえば、Omiaiの女性向け広告はこれ。爽やかな婚活アプリって感じですよね。

OmiaiのFacebook広告 女性向けクリエイティブ

 

ところが男性向け広告はこうなります。
女性モデルの胸を薄着で強調し、角度も男性の目線になるように撮っています。

OmiaiのFacebook広告 男性向けクリエイティブ

 

ペアーズもOmiaiほど酷くないですが、基本的には「男性=エッチを連想させる広告、女性=結婚を連想させる広告」という感じにしてます。

<詳しくはこちら>
 ペアーズを女性は婚活アプリだと思い、男性はヤレるアプリだと思う理由

 

withユーブライドなどの真面目系アプリの広告は男女でそんなに差をつけてないんですよ。

わずかに違う程度で、Omiaiやペアーズのように別物ということはありません。

 

 

また、アプリの運営会社が作っている広告より大きな問題があるのは「メディア」です。

メディアとは「マッチングアプリ比較サイト」や「マッチングアプリの体験談が集められたサイト」のこと。

やれるアプリとしてペアーズやOmiaiをおすすめしている男性向けメディアもあれば、婚活アプリとしてペアーズやOmiaiをおすすめしている女性向けメディアもあるんですよ。

それらのメディアでは、男性は性欲を満たすためにアプリに登録する人が多いので「やれる」ことを前面に押し出して訴求します。

女性はヤリモク男性を嫌う人が多いので、「真面目な出会いがある」ことを前面に押し出して訴求します。

読者をアプリに登録させるために都合の良いことだけ書いているんです。

その結果、アプリには真面目な出会いを求める女性と、ヤリモクの男性が集まることになるわけです。ミスマッチが起きちゃうんですね。

 

 

私もこのサイトで様々な出会い系サイトやマッチングアプリを紹介していますが、読者さんが勘違いしないように注意しながら記事を書いています。

既婚者に対して既婚者の登録が禁止されているアプリをおすすめすることはないし、婚活目的の女性に婚活向きじゃない出会い系サイトをおすすめすることはありません。

しかしそういった区別をつけず、アフィリエイトの成果報酬が高いアプリをランキング1位としておすすめしている比較サイトが多いんですよね。

ランキングは儲かる順番にしてるだけ

PCMAXで婚活ができるとか、マリッシュでセフレを作りまくるとか、実態と真逆のことを書いているサイトには殺意を覚えますね。ユーザーのことを何だと思っているのか。詐欺みたいなものですよ。

アユミさんもそういった比較サイトが生んだ犠牲者の一人なのかもしれません。

 

既婚者に騙された女性の苦しみ

アユミさんは貴重な時間を、既婚者に奪われてしまった可哀そうな女性の一人。

「時間=命」ですからね。

人を騙すのは命を奪うのと同じくらい罪なことだと思います。

 

ちょっと熱くなり過ぎました(笑)

本題に戻りましょう!

 

偶然、従妹の旦那さんに遭遇

マッチングアプリで悪さをしていた親戚の男性を激詰め

アユミさんはアプリで従妹の旦那さんを発見したこともありました。

なんとこの男性、結婚してまだ半年。

アユミさんは懲らしめてやろうと決意。

男性を釣るために自分のプロフィール写真にめちゃくちゃ可愛い韓流のアイドルの写真を載せると、なんと向こうから"いいね"をしてきてマッチング成立。

すぐにカフェで会い、説教したそうです。

男性は顔面蒼白、思考停止。

 

隠れ既婚者の男性はマッチングアプリを削除した

帰宅後、男性から届いたLINEには「これを機にアプリを消しました(笑)」と書いてあったそう。

(笑)って。

100%またやりますねこの男性(笑)

 

アユミさんが本気で恋をした男性もまた既婚者だった

アユミさんが本気で好きになった男性

アユミさんが恋に落ちたのは、広告代理店勤務で、背が高く、穏やかな雰囲気の男性。遠方に住んでいて、出張でアユミさんの住む街によく来る人。

私から見ればこの時点で「はい、ヤリモク決定~」って感じなんだけど、なぜか女性は気づかない人が多いんですよね。

「出張先に女を作ろう」なんて発想はヤリモク以外にはあり得ません。

プロ野球選手や芸能人が地方に女を作るのと同じです。仕事終わりにセックスしたいだけですね。

 

アユミさんはそうとは知らず、彼に惚れこんでしまいます。

しばらく付き合った後で、彼から「妻がいる」と打ち明けられました。

惚れた後になって聞かされても後の祭りですね。

不倫を続けることにしたアユミさん

アユミさんは不倫と分かった上でも関係を続ける選択をしました。

 

不倫男の嘘話を信じるアユミさん

「妻に押し切られて結婚したけど、うまくいってないんだよね」

「アユミちゃんといると一番落ち着く」

「大好きだよ」

奥さんと別れる気なんて微塵もない不倫男が必ず言うセリフなんですけど、アユミさんは信じてしまいます。

いつか奥さんと別れて一緒になれるかも…と期待しちゃったんです。

 

恋は人を盲目にしますね…

第三者が聞けばセフレ関係を続けるために言ってるだけの嘘だって0.01秒で分かるんですけど、惚れている女性は分からないんですよね。0.01ミリのゴムをはめて腰振るのが男の目的なのに。

 

結局、この男性がさらなる裏切りをしたことでアユミさんはようやく目を覚まし、破局。

アユミさんは男性の奥さんに不倫の事実を暴露して復讐を果たしました。

 

アユミさんの失敗の原因

アユミさんは既婚者に騙されてばかりいますが、その原因はアユミさん自身にもあります。

会う前に男性のスペックばかりを見て、内面を見てないんですよね。

男の本心や言葉の裏を見抜けないので騙されちゃうんですよ。いろんな面で素直すぎるのかもしれません。

嘘を嘘と見抜ける人じゃないとマッチングアプリを使うのは難しいと思います。

内面をしっかり見るように意識しながら経験を積めば、だんだん見抜けるようになるんですけどね。

やべー奴は会う前に分かります。

男性にも女性にも言えることですけど。

 

 

マッチングアプリで誠実な男性と知り合い、結婚した婚活女性

二人目に登場した女性はリコさん。

リコさんのプロフィール

通販サイトを運営しているアラフォーの女性。

体の事情で子供を持つことに不安があり、子供が欲しい男性とは結婚できないそうです。

それが理由で結婚のチャンスを逃してきたこともあり、「子供を作らない自分は結婚する資格がない」とリコさんは思っていました。

子供を作らない人は結婚してはいけないと思い悩む女性

 

しかし40歳手間になり、考えを改めたそうです。

「この年になってしまえば、子供を求められることもなくなるから、逆に今なら婚活してもいいのかも」と。

一人で生きていくのは寂しいですからね。

 

そしてリコさんはマッチングアプリを使ってみることにしました。

 

マッチングアプリでうまく行くとは思っていなかったリコさん

「もう40歳のおばさんだから相手にしてもらえないかも…」と期待はしていなかったけど、意外なことに登録してみたら"いいね"をたくさんもらえました。

ペアーズのように年齢層の高いアプリなら30代後半~40代の人も男女を問わず大勢いますからね。

 

リコさんが最初に会ったのは50代の経営者。

年収ウン千万の高額所得者で20万円の指輪をポンとプレゼントしてくれるような人でした。

富裕層の経済力を知って心がグラグラ揺れたそうですが、男性の性格が悪すぎて破談。

年収ウン千万で独身の男性は、年収を打ち消すくらいの問題があるから独身なんですよね(笑)

 

マッチングアプリは悪い面に気づきにくいと語るリコさん

マッチングアプリではプロフィールを盛って書く人が男女ともに多いし、自分をよく見せようと意識して言葉を選ぶので、その人の悪い面が見えにくいんですよね。

リコさんは最初の失敗で、マッチングアプリの難しさに気づきます。

「条件重視で、見たくないものに蓋をするのは良くない!」

「男性を見る目を磨こう!」

 

マッチングアプリはRPGと同じ

「マッチングアプリはドラクエみたいなもので、場数をこなして、多くの男性を見て、経験値を積んでレベルアップしなければいけない」とリコさんは考えました。

そしてなんと500人の男性とマッチングしてやり取りをしていきます。

「500人の男性とマッチングして、男性経験を積んだ」と語るリコさん

 

多い時には同時進行で10人とやり取り。

「男性をジャグリングしているような気持ちになった」と語るリコさん

これだけの数の男性を見て分析すれば、自分にとってどんな男性が理想的な人なのか分かってきますよね。

 

マッチングアプリで結婚相手と出会ったリコさん

レベルアップしたリコさんは運命の男性と巡り合います。

彼はおじさんの歳だけど、とても誠実で優しい人柄。

リコさんはぞっこん。

そして2人は付き合い、交際3か月でゴールイン!!

 

高級ホテルのレストランでプロポーズされたリコさん

「世間的な適齢期からは過ぎているけど、私にとっては今が適齢期だったのかな」と幸せそうにリコさんは語っていました。

 

リコさんがマッチングアプリの婚活に成功した理由

リコさんはめちゃくちゃ賢い女性だと思います。

最初の失敗で「自分に足りないもの」を知り、「何をすべきか」をすぐに悟りました。

男性の内面を見る目を養う必要があると悟って、500人の男性とのやり取りで経験を積み、美しい内面を持った男性を見抜いたわけです。

 

1人目のアユミさんも経験は積んでいるのですが、スペックばかり見続けているので同じ失敗を繰り返してしまっているように思います。

婚活をしている女性は、男性の経済力や年齢など「数字」を重視しがち。

外見や雰囲気にグラグラしたり、嘘や社交辞令の言葉を真に受ける女性も多いです。

ヤリモクの思う壺。

 

結婚生活で一番大切なのはそこじゃないですよね。

お二人の体験談から学ぶことは多かったです。

 

ちなみにお二人が使っていたマッチングアプリの名前は番組内で公表されていませんでした。

アユミさんが使っていたのは「既婚者のヤリモクが多いアプリ」「男性の年齢層が高い」「男性と女性で広告が異なる」なので、たぶんOmiaiかペアーズですね。

リコさんも「500人の男性とマッチングした」と言っていたので、アラフォー女性がそれだけの数をこなせるだけの会員数がいるアプリはペアーズしかありません。

 

マッチングアプリは使い人次第で結果が変わります。

上手に使いこなしましょう!

 

 

こっちもチェック!

ワクワクメールは婚活向きではありません。結婚相手との出会いが見つかる婚活サイトは別にあります。

  「ワクワクメールで結婚相手を見つけるんだ!!」 そう思っている人に伝えたいことがあります。 ちょっと難しいかも。。。 ワクワクメールで出会った男女が結婚した事例はたくさんあるので不可能で ...

続きを見る

27歳理系女子OLの出会い系アプリ恋活体験談。スペック第一主義者の恋活。

  出会い系サイトの利用者が体験談を語ってくれるインタビューシリーズ。 第一回目の今回は27歳のリケジョOLさんが本音を話してくれました。 マッチングアプリの「ペアーズ」を始めて1年の彼女。 ...

続きを見る

40代の独身おじさんが初めて出会い系サイトで婚活してみた

  今回の出会い系サイト体験談は、 「40代の独身男性の厳しい現実のお話」です。 見た目はどこにでもいる普通の中年男。 薄毛ではないけど少し白髪が混じっていて、痩せすぎず太り過ぎずのちょうど ...

続きを見る

婚活サイトと出会い系サイトの違いは何ですか?同じと言う人もいますが・・・

  サイトによって会員の質が全然違うんだよ♪ みなさんからの質問 婚活サイトってのは出会い系とは違うのですか? 「同じだよ」と言う人もいれば、「出会い系サイトなんかと一緒にしないで」と言う人 ...

続きを見る

 

-出会い系サイト体験談, 出会い系サイト攻略法

© 2020 出会い系ナビねこ