出会い系サイトの解説

withは真面目に恋人を作りたい人におすすめのマッチングアプリ

2018年10月30日

 

 

この記事ではマッチングアプリのwithについて解説します。

メリットとデメリットの両面を紹介しているので、マッチングアプリ選びの参考にしてみてくださいね。

 

withのメリット

まずはメリットから見ていきましょう。

  • どんな会社が運営しているのか
  • 利用者の評判や評価は良いのか
  • 会えるアプリなのか

そういった観点から解説します。

 

withの会員は質が高い

withはイグニスが運営するマッチングサービス。

イグニスは東証マザーズ上場のスマホ向けアプリ開発を行う企業です。

上場企業は証券取引所・機関投資家・株主などから厳しい審査を継続的に受けているため、非常に健全な運営がされています。

非上場の企業が運営している出会い系サイトやマッチングアプリとは比較にならないほど社会的な信頼性、安全性が高いです。

 

実際に使ってみるとよく分かるのですが、
withにはサクラも業者もキャッシュバッカーもいません。パパ活や援助交際をしているような会員もほとんどいません。

他のマッチングアプリと比べて圧倒的に会員の質が高いです。

 

iTunes StoreやGoogle Playで他のマッチングアプリのレビューを読むと「サクラばっかりで会えない」「詐欺アプリ」などと書かれていることが多いですが、
withのレビューにはそういった書き込みが少ないです。

「サクラがいる。会えない。」とレビューに書いている男性もいることはいるんですけど、ちょっと頭が悪すぎなんじゃないかと思います。

一般の女性をサクラだと思い込んじゃってるんだから、会えなくて当然ですよね(笑)

 

withの評価は他の大手アプリより高い

withの最大の特徴は、心理学を応用したサイト設計になっていて、マッチング率が非常に高いこと。

メンタリストとして有名なDaigoさんが監修をしており、相性の良い異性と出会うための様々な仕掛けが施さています。

定期的な性格診断イベントもあり、会員の評価は非常に高いです。

 

Google Playの評価を見るとwithは3.2。

大手のアプリはPairsが3.0、Omiaiは3.0、タップルは3.1、dineは3.0。

3.2は低いように一瞬思えますが、他のマッチングアプリはもっと低いです(笑)

withは大手マッチングアプリの中で最高レベルの評価を受けていますね。(App Storeでは4.1)

 

マッチングアプリ「with」 google play レーティング 2020年6月15日調査日:2020年6月15日

 

マッチングアプリとしては後発組に入るwithですが、ユーザーの満足度が高いため飛躍的に会員数を伸ばしています。

2020年5月には290万人を突破。

2018年頃は120万人くらいで「もうちょっと会員数が増えたらなぁ…」と使っていても感じることがあったのですが、現在は体感としても十分なレベルに達しています。会員が少ないとは感じなくなりました。

毎日のように新規会員が入って来るので、新鮮な出会いがありますね。

 

独自アルゴリズムでマッチング率が高い

withには自分と相性の良い人を推薦してくれる「For You」という機能があります。

登録しているプロフィール、好みカード、心理診断、行動履歴などのデータを独自のアルゴリズムが解析し、この人はどうですか?という感じで推薦してくれるんですよ。

好きな絵が同じとか、嫌いな価値観が同じとか、
私たちが普通にマッチングアプリを利用しているだけでは気づけない独自の視点・データを使って心理学・統計学に基づいた解析が行われます。

 

For Youはかなり精度が高く、実際におすすめされた人に「いいね」するとマッチング率が跳ね上がります。

普通に自分で検索して気に入った人にいいねした時とは成功率が違うんですよね。

マッチング後も会話がスムーズに運ぶことが多いですよ。

withのマッチングアルゴリズムはすごいなと思わされますね。

 

会員の年齢層は20代が中心

会員のほとんどは20代~30代で、他のアプリに比べて若いです。

ペアーズやOmiai、PCMAX、ハッピーメールなどは40代もたくさんいるので、利用者層が違いますね。

男女比は6:4。

これは非常に優秀な数字で、8:2とか7:3くらい男女比が偏っているアプリが多いですが、withは男女比にほとんど偏りがありません。

しかもアクティブユーザーの女性数が多いのも特徴的。
定期的に配信される性格診断が楽しくてずっと使っている女性が多いみたいですよ。

 

このようにwithには他のマッチングアプリにはない様々なメリットがあります。

  • 上場企業が運営している
  • サクラや業者がいない
  • 他社アプリに比べ高評価
  • 急増し続ける会員数
  • 性格診断イベント
  • 平等な男女比
  • 女性のアクティブユーザー数が多い

今までの出会い系サイトとは一線を画した真面目な出会いがあるアプリになっています。

 

ビデオ通話で外出自粛中も出会える!

新型コロナウイルスの影響で外出を自粛している人が多いですよね。

せっかくアプリで仲良くなっても、実際に会いに行くのは慎重になりがちです。

そんな時に便利なのが「通話機能」。

普通に電話もできるし、カメラをオンにすればビデオ通話もできます。

会う前に相手と話せば、メッセージだけでは分からなかった雰囲気が感じ取れます。話し方とか声で性格まで分かることってありますよね。

メッセージだけでなく電話もしてしっかりと相手のことを知ってから会えば安全性が高まりますよ。

ビデオ通話なら詐欺写メ対策にもなります。動画だと画像のようには盛れませんからね。

会いに行ったら別人だった!なんてことがなくなりますよ。

 

withのデメリット

ここまでは良い点ばかり見てきました。

ここからはデメリットも確認していきましょう。

 

本人確認がある

withに限ったデメリットではないのですが、
すべてのマッチングアプリや出会い系サイトには本人確認(年齢確認)があります。

「マッチングアプリは18歳以上の人しか利用できない」と法律出会い系サイト規制法で義務付けられているためです。

登録するだけなら年齢確認はされないんですけど、マッチングして異性とメッセージのやり取りするためには年齢確認をしなければなりません。

男性の場合はクレジットカードで月額料金を支払えば自動的に本人確認も終わります。
クレジットカードは18歳以上しか作れないので、年齢確認の代わりになるんですね。

女性は無料なのでクレジットカードで年齢確認をする人は少ないです。
運転免許証や健康保険証の写メを撮って送信すれば良いので、それでササっと済ませる人がほとんどです。

 

既婚者は利用禁止

既婚者はNGです。

だいたいの大手マッチングアプリは禁止しています。

既婚者であることを隠して使っている男性もいるのですが、女性に通報されて強制退会になってます。

隠したまま付き合って別れ際に慰謝料を請求されたり、会社や嫁にバラされたり。
嘘をついた代償を払う人も多いみたいですよ。

既婚者の人はワクワクメールハッピーメールなら堂々と登録できるのでそちらを使いましょう。

<関連記事>
 出会い系サイトは既婚者の登録可能!マッチングアプリは禁止!

 

男性のみ定額料金制

男性は定額料金制です。

新規登録や他の会員のプロフィール閲覧、性格診断などは無料で利用できますが、女性とメッセージのやり取りをするには月額課金が必要です。

一か月プランで月3600円。これが最高額です。
三か月プランや半年プランにすると一か月あたりの料金が安くなるシステムです。

クレジットカード払い。

3600円で使い放題なので、女性とたくさんメッセージのやり取りをしたい人には良いシステムですね。

追加の料金はかからないため、ポイント制の出会い系サイトのように残りのポイントを気にしながらメッセージのやり取りをする必要はありません。

女性のLINEのIDを頑張って聞き出す必要もないですね。アプリ内のやり取りだけで会う約束まで出来ますよ。

 

女性は完全に無料。

SNSと同じ感覚で使えますよ。

 

withの登録方法は三通り

withに登録するにはまずアプリをダウンロード。

 

ダウンロードしてアプリを立ち上げると3つの登録方法から好きなものを選べます。

with iOSアプリ トップイメージ

①Facebookではじめる

データSIMを使っていて電話番号を持ってない人におすすめなのがこの方法です。

Facebookをやっていて10人以上友達がいる人は、Facebookアカウントを認証することで登録できます。

簡単に登録できるし、あなたがwithに登録したことはFacebookの友達には分からないので安全性も高くなります。

withの運営としてはこの方法で登録することをおすすめしています。

 

②電話番号ではじめる

Facebookをやっていない人、あるいはFacebookの友達が10人未満の人は電話番号の認証をすれば登録できます。

昔はFacebookをやってる人しか登録できないシステムだったのですが2018年に変更され、電話番号でも登録できるようになりました。

 

Facebook認証ならFacebookの友達がwithをやっていてもお互いに非表示になるので身バレしません。

しかし、電話番号認証にはそういった自動ブロック機能がないため、知り合いに身バレする可能性が少しだけ高くなります。

デメリットはそれしかありません。

 

③Appleでサインイン

iPhoneユーザーは、Appleに登録しているメールアドレスを使ってアカウントを作成できます。

Apple IDと連動させるわけです。

簡単に登録できますよ。

 

 

管理人はwithをメインで使ってます

私は出会い系サイトを19年以上前に始めて、そこから50以上のサイトを利用してきた経験があります。

彼女やセフレが何人もできたし、男性の友達までできました。

昔から一番使ってきたのはワクワクメールですが、最近はwithがメインになっています。

私がメインサイトを変えた一番大きな理由は、
他の出会い系サイトに比べてwithは良い意味で普通の人が多いんですよ。

常識があって、ちゃんと仕事をしていて、普通の恋愛をしたい人たち。

だから、本当に自分の人生にとって良い出会いがあると感じています。今の彼女に出会ったのもwithでした。

 

出会い系サイトはどちらかというと普通じゃない人が多いので、まともな人を探すのにちょっと苦労します。
業者やキャッシュバッカーもいますしね。
私は割り切りもしないので、体やお金目的の人にも興味がないですし。

セフレが欲しいとか、一晩限りの出会いがしたいというならワクワクメールやPCMAXの方がおすすめですけど、
ちゃんと恋愛して、ゆくゆくは結婚まで考えられる出会いがしたいならwithの方がいいと思います。

他のマッチングアプリ(ペアーズ、タップル誕生、Tinderなど)も使い倒してきましたが、「withが一番利用者のことを思って作ってあるな」と感じます。

細部にわたって真面目な出会いを提供するためのコンテンツになっているんですよ。

これはいろいろなアプリを実際に使って比較したことのある人じゃないと分からない感覚だと思うので、言葉で説明するのが難しいんですけど。

料金も月額課金制アプリの中では最安値レベルだし、金儲けに走っていない誠実な運営会社だと思います。

ちゃんとした恋愛をしたい人にはおすすめします。

 

 

 

他のサイトもチェック!

PCMAXはちょっとエッチ。セフレが欲しい人向けの出会い系サイト。

    PCMAXは三大出会い系サイトのひとつ PCMAXは2002年に開設された大手出会い系サイト。 ワクワクメール、ハッピーメールとならぶ日本最大級の出会い系サイトで、累計の会 ...

続きを見る

ハッピーメールは会員数が多いので会いやすい!いろんなタイプの人がいる!

    ハッピーメールの魅力は会員数の多さ ハッピーメールは2000年に開設された老舗の出会い系サイトです。 現在日本にある出会い系サイトの中でもっとも歴史の長いサイトのひとつで、 ...

続きを見る

30代~40代の真剣交際に向いてる婚活アプリ『ユーブライド』!評判・口コミ・実体験を踏まえて解説します!

  婚活したくても街には出歩けない。たくさんの人に会うこともできない。 新型コロナウイルスの影響で婚活パーティーや街コンもストップしています。3密になってしまいますからね。 不便な時代になっ ...

続きを見る

ワクワクメールを評価&分析。始める前にどんなサイトなのか確認しておこう!!

ワクワクメールを分析&解説しています。この記事を読めばワクワクメールのことはだいたい分かりますよ♪

続きを見る

 

-出会い系サイトの解説

© 2020 出会い系ナビねこ