出会い系サイトを比較

失敗しない出会い系サイト・出会い系アプリの選び方。何を基準に選ぶべき?

2020年1月30日

 

出会い系をやってみようと思ったときに、最初に悩むのが「どのサイトを選べばいいの?」ってことですよね。

Google PlayやApp Storeでアプリを探すと、
ハッピーメールやペアーズのように100万回以上ダウンロードされている有名アプリもあれば、ほとんどダウンロードされていないマイナーなアプリもあります。

マッチングアプリだけでも数百はあります。

一発でベストなアプリを選べる人は少ないかもしれません。

そこでこの記事では、
出会い系サイトやマッチングアプリを選ぶ時に、何を基準にすればいいのかを解説していきます。

参考にしてね!

「会員数」がもっとも重要!

出会い系を選ぶ時に一番最初にチェックして欲しいのが「会員数」です。

「会員数が多い=正義」「会員数=そのサイトの評価」だと思ってもいいくらいなんですよ。

会員数が重要な理由は5つあります。

  1. 会員数が多いサイトは会える確率が高い
  2. 会員数が多いサイトは経済的
  3. 会員数が多いサイトは新規会員がどんどん増える
  4. 会員数が多いサイトは社会的信用度が高く、安全性も高い
  5. 会員数が少ないサイトは詐欺サイトが多い

①会員数が多いサイトは会える確率が高い

会員数が多ければ多いほど、魅力的な異性に出会える確率が高くなります。

「会員数が多いサイト=出会える系サイト」ってことですね。

 

簡単な計算をしてみましょう。

たとえば、あなたが魅力を感じる女性が存在する割合を10%だとしましょう。
10人の女性がいたら、その中であなたが付き合いたいと思う女性は1人いると仮定します。

もしサイトの会員数が1000人だったら、付き合いたいと思える女性はそのサイトに100人しかいません。
あなたが東京に住んでいるとしたら、会いに行ける範囲にいる女性は10人くらいしかいないでしょう。選択肢はたった10人です。
しかも、きっとその10人の女性は魅力的でモテるはずなので、他の男性と奪い合いになります。先に取られてしまうことも多いでしょう。
運良く1人と会えれば大成功ってところです。

しかし、会員数が100万人だったら、あなたが会いたいと思える女性は10万人もいます。
あなたが東京に住んでいるとしたら、会いに行ける範囲に住んでいる女性は1万人はいるでしょう。
他の男性との競争が激しくても、1万人もいればチャンスはいくらでもありますよね。

つまり、出会える系か出会えない系かを決める一番大きな要素は「会員数」なんです。

 

②会員数が多いサイトは経済的

会員数の多いサイトは会える確率が高いので、恋人やセフレを短期間で作れます。

サクっと相手を見つけて、短期間で退会できるんですね。

つまり、相手が見つかるまで1年も2年も課金し続ける必要がないので「経済的」ということ。

 

もしパートナーと別れたら、その時にまた再開すれば余計なお金はかかりません。

そしてまたサクッと見つけて、すぐ退会。

その繰り返しが一番お財布に優しいです。

 

③会員数が多いサイトは新規会員がどんどん増える

「会員数が多い=知名度が高い」ということなので、SNSやウェブサイトで紹介されたり、口コミで評判が広まったりして、新規会員がどんどん増えていきます。

知名度が高まれば高まるほど、加速度的に新規会員も増えるんですね。

だから、何度フラれても大丈夫(笑)

新人がどんどん入ってくるので、何度でもチャンスがあります。

 

過疎っているサイトだと、会いに行ける範囲に10人くらいしかいないとかザラ。

その10人にアプローチをしてフラれたら、新人も入ってこないので何もやることがなくなります。

完全にゲームオーバー。悲惨ですね。

 

④会員数が多いサイトは社会的信用度が高く、安全性も高い

会員数が多いということは利用者に信用されている証拠。

実際に使った人たちの不満が少ないので、良い評判が広まって会員が増えていきます。

会員数が多ければ多いほど、信用度が高いと言えます。

他のサイトに比べてサポート体制が充実しているし、安全性も高いです。

会員数が多ければ運営会社には潤沢な資金が集まるので、サポートや不正の監視に十分なコストをかけられますからね。

 

⑤会員数が少ないサイトは詐欺サイトが多い

会員数が少ないサイトは基本的にヤバいです。

サクラがいるのは当たり前だし、詐欺グループが運営していることも非常に多いんですよ。

会員数が少ないサイトの9割は詐欺サイトだと思ってもいいくらい。それが出会い系業界の実態です。

 

しかし、こう思う人がいるかもしれません。

「サイトが作られたばかりで、運営歴が短いサイトの会員数が少ないのは仕方ないんじゃない?」

まったく正しいですね。

サービスが良く誠実に運営している過疎サイトも1%くらいはあると思います。これから伸びていくサイトですね。

そういうサイトには会員が増えてから登録しましょう。

どんなに良いサービスを提供していても、会員がいなければ会えないことには変わりありません。

しっかりと会員数が伸びてから登録しましょう。

 

会員数の基準は100万人以上

「どのくらい会員数がいれば十分なのか」って話ですが、100万人が目安です。

会員数が100万人以上の出会い系サイトやマッチングアプリのみを選んでください。

 

100万人以上は必要だという根拠は計算で示せますが、私の体感もあります。

100万人を超えてくるとサイト内が活気づいてきます。新規の会員がどんどん入るので、出会えるチャンスが常にある感じになるんですよ。

100万人以下だと新規会員が少ししか増えないので、検索してもいつも同じメンバーしか出てきません。停滞感・過疎感を強く感じます。

ちょうどその境目になるのが100万人前後って感じなんですね。

これは出会い系歴19年の私の経験則です。

 

注意!公表されている会員数はアクティブユーザー数ではない

会員数を確認する時に知っておいて欲しいことがあります。

ほとんどの出会い系サイトは会員数を公表しているのですが、
正味の会員数(アクティブユーザー数)を公表しているわけではありません。

累計の登録者数を公表しているだけです。

たとえば、会員数1000万人と公表しているマッチングアプリでも、アクティブユーザー数は100万人もいれば良い方なんですよ。
公表している会員数の10分の1でもアクティブユーザーがいたら超優秀です。

詳しくは以下の記事で解説していますが、
「会員数=アクティブユーザー数」だと思わないでくださいね。

 

細かい話は上記の記事に任せますが、
ここでは「100万人を基準にして選ぶ」ってことだけを覚えておきましょう。

 

法律を守って運営されているかチェック!

公表されている会員数が100万人以上であることを確認したら、次にどんな会社が運営しているのかもチェックしましょう。

会員数100万人以上のサイトなら大抵ちゃんとした企業が運営しているんですけど、念のために確認しておくのは大切です。

チェック項目は6つ。

  1. 年齢確認を行っているか?
  2. 特定商取引法の記載があるか?
  3. 資金決済法の記載はあるか?
  4. 利用規約の内容に問題はないか?
  5. 運営会社の公式サイトやSNSアカウントが存在するか?
  6. インターネット異性紹介事業の届出がされているか?

ひとつずつ見ていきましょう!

 

①年齢確認を行っているか?

すべての出会い系サイトやマッチングアプリは年齢確認をしなければならないと法律で義務付けられています。

出会い系サイト規制法という18歳未満の子供を性犯罪から守るために作られた法律があって、
その法律で「出会い系サイトは18歳以上しか利用してはいけない」「サイトの運営者はすべての会員に年齢確認をし、18歳未満の子供を利用させてはいけない」と定められているんです。

この「出会い系サイト」という言葉にはマッチングアプリも含まれています。

法律上は出会い系サイトもマッチングアプリもまったく同じ扱いなんですよ。

 

そのため、ワクワクメールでもペアーズでも必ず年齢確認が行われます。

免許証の写メを撮って送信したり、クレジットカードは18歳以上しか作れないので、クレジットカードで料金の支払いをすることで自動的に18歳以上だと確認したり。

5分~10分くらいで終わるのでそんなに面倒ではないですよ。

<参考記事>

 

一方で、詐欺サイトなど違法に運営している出会い系では年齢確認が行われません。

注意してくださいね。

 

②特定商取引法の記載があるか?

優良出会い系サイトのホームページには「会社概要」が必ずあります。

代表取締役の氏名、会社の所在地、連絡先(メールアドレスと電話番号)などが記載されています。

なぜ必ず記載されているかというと、特定商取引法で義務付けられているため。

何か問題が起きた時に責任の所在がどこにあるかを明確にしているんですね。

 

社長の名前でネット検索したり、会社の所在地に何があるかを調べたりすることで、本当に存在している会社なのか確認できます。

詐欺サイトの場合は社長の名前が偽名で、会社の所在地はバーチャルオフィスであることも多いです。
偽装しているんですね。

 

③資金決済法の記載はあるか?

出会い系サイトは課金システムで成り立っているビジネスなので、資金決済法の制約も受けています。

資金決済法の第13条で「商号、支払可能金額、期限などを利用者に提供しなければならない」と義務付けられています。

ホームページにこれらの記載があることも確認しておきましょう。

 

④利用規約の内容に問題はないか?

利用規約まで読んでいる人はほぼいないと思いますが、運営会社に怪しさを感じたら一読しておきましょう。

詐欺サイトは高額な料金請求ができることを利用規約に書き、それを根拠に請求してきます。

もちろん利用規約自体が違法であれば高額な料金を請求する権利がそもそもないのですが、
「払わなければ裁判するぞ」とか「弁護士を通して請求するぞ」などと脅されると払ってしまう人も多いです。

こういったトラブルを避けるためにも、登録前に読んでおいた方がいいですね。

 

運営会社の公式サイトやSNSアカウントが存在するか?

優良出会い系サイトの運営会社は必ずホームページを持っています。

またTwitterなどのSNSに公式アカウントを持っていることがほとんどですね。

逆に詐欺サイトの運営会社はホームページもSNSアカウントも存在しないことがあります。

 

有名な出会い系サイトの運営会社(HPへリンク)とツイッターアカウントを一覧にしました。

サイト名 運営会社 Twitterアカウント
ワクワクメール (株)ワクワクコミュニケーションズ @wakutter
PCMAX (株)マックスグループ @pcmaxjp
ハッピーメール (株)アイベック @55hapime
YYC (株)Diverse @YYC_official
イククル プロスゲイト(株) @194964
Pairs (株)エウレカ @pairs_official
with (株)イグニス @withibinc
タップル誕生 (株)マッチングエージェント @tapple_official
Omiai (株)ネットマーケティング @Omiai_jp
ゼクシィ恋結び (株)リクルートマーケティングパートナーズ @zexy_koimusubi

イククルの運営会社のホームページ(http://prosgate.jp/)は見れない状態になっています。(2020年1月29日現在)

ホームページが閉鎖された理由は分かりませんが、分からないことがダメなんですよね。ヤバい理由かもしれませんから。

こういった状態になっているサイトを安心して使うのは難しいです。

 

ツイッターをチェックすると、ツイートの更新が止まっているサイトが3つありました。
(YYC、イククル、Omiai)

こういうところでも運営会社の質を比較できますね。

 

インターネット異性紹介事業の届出がされているか?

出会い系サイトやマッチングアプリの運営者は、開業届を各都道府県の警察に提出しなければなりません。

事業が認可されると「受理番号」というものが与えられるのですが、出会い系サイトのホームページにはこれが記載されています。

たとえば、ペアーズなら「インターネット異性紹介事業 届出済み (受理番号30130004015)」、ワクワクメールなら「インターネット異性紹介事業 届出・認定済み 認定番号 96090001000」という表示がサイトの最下部に表示されています。

 

違法サイトにはこういった表示がないことがほとんどです。

ただし、認可を受けていないのに受理番号を適当に書いて表示している違法サイトも中にはあるんですよ。抜かりがない詐欺グループですね。

しかも、受理番号が本当に認可されたものなのかをネット上で調べる手段はなく、警察署に直接照会するしかありません。

届出済みの表示がないサイトは危険ですが、届出済みの表示があってもそれをもって信頼できるとは言えないことは留意しておきましょう。

 

会員数と運営会社さえチェックできれば、だいたいOK

会員数が100万人以上で運営会社がきちんとした会社であれば、どのサイトでも出会いはあります。

サイトごとに個性はありますが、基本的には同じ。

あとは自分次第って感じですね。

 

会員の年齢層だったり、恋愛の目的だったり、業者の多さだったり、料金プランだったりはそれぞれに異なります。

それらの点についても見ていきましょう。

 

出会い系サイトとマッチングアプリの違い

出会い系サイトとマッチングアプリには次のような違いがあります。

出会い系サイトの特徴

  • 既婚者でも登録できる
  • 結婚を目的にしている人はほとんどいない
  • 遊び目的や暇つぶしに出会いを求めている人が多い
  • 不倫したい人がいる
  • セフレが欲しい人がいる
  • 普通に恋人を作れる
  • 割り切り(援助交際)やパパ活も多い

出会い系サイトは遊びたい人に適しています。

普通に恋人を作ることもできるし、セフレ、不倫、パパ活、割り切り、愛人、同性愛、SMなど何でもあり。

運営会社が特別な制約を設けてないので、あなたがしたいことは何でもできるって感じですね。
言うまでもないですが、違法な行為はダメですよ(笑)

違法でなければ自由です。

遊びたい人が多いので、婚活には向いていませんね。

 

マッチングアプリの特徴

  • 恋人が欲しい人が多い
  • 割り切り目的の人は少ない
  • 婚活に向いているアプリと向いていないアプリがある
  • ヤリモクの男性は多い
  • 既婚者は登録禁止。通報されたら強制退会。

マッチングアプリは普通の恋愛をしたい人向き。

何でもありの出会い系サイトに比べると、マッチングアプリの方が利用者のモラルは高いです。

ただし、ヤリモクの男性が多いのも事実。
セフレが欲しくてマッチングアプリをやっている男は出会い系と同じくらいいます。
既婚であることを隠したまま不倫している男もいます。
真面目な恋愛を望んでいる女性は注意しましょう。

マッチングアプリで婚活をしている人もいますが、成功率はアプリによって違いますね。
年齢層の高いアプリの方が婚活向きです。

 

会員の年齢層

会員の年齢層はサイトによって大きく異なります。

基本的には「あなたがどの年齢層の異性と出会いたいか」を考えて決めればOKですよ。

もしあなたが40代の男性でも、20代の女性と出会いたいなら若い子が多いサイトを選びましょう。

20代が中心

  • ワクワクメール
  • YYC
  • with
  • タップル誕生

幅広い年齢層

  • ハッピーメール

30代以上も多め

  • PCMAX
  • イククル
  • Pairs
  • Omiai

30代~40代が中心

  • Yahoo!パートナー
  • Match.com
  • ゼクシィ縁結び
  • ユーブライド
  • マリッシュ
  • ブライダルネット

 

若い子が多いサイトは遊び目的に向いています。

まだ結婚する気なんてサラサラない人が多いですからね。

出会い系サイトなら「ワクワクメール」、マッチングアプリは「with」が会員数100万人以上で運営会社も信頼できるのでオススメです。

<参考記事>


withは真面目に恋人を作りたい人におすすめのマッチングアプリ

  ⇒ with公式サイトはこちら   この記事ではマッチングアプリのwithについて解説します。 メリットとデメリットの両面を紹介しているので、マッチングアプリ選びの参考にしてみ ...

続きを見る

 

逆に年齢層が高いサイトは、婚活に向いています。

30代~40代になると「そろそろ遊びの恋愛は終わりにしないと」とみんな思い始めますからね。

真剣なお付き合いを求めるので悪く言えば「重い」し、良く言えば一生涯のパートナーを見つけることができます。

しかし、年齢層が高いサイトは会員数が少ないのが難点。
公表されている数字が嘘なんじゃないかと思ってしまうほど過疎っているサイトも多いので注意しましょう。

婚活に適したサイトは以下の記事で紹介しています。

 

最後に料金をチェック!

出会い系サイトやマッチングアプリでは女性は無料なので、女性の方はこの項目を読み飛ばしてくださいね。
女性にも課金をしているのは一部の婚活サイトだけです。

 

出会い系サイトやマッチングアプリは男性だけが有料です。

料金システムは「ポイント制(従量課金制)」と「月額制」に分けられます。

基本的に出会い系サイトはポイント制で、マッチングアプリは月額課金制になっています。

 

どっちがいいかと言うと、一長一短ですね。

ポイント制は必要な分だけ課金して使うので、できるだけ料金を抑えたい人向け。

月額課金制は使いたい放題で4000円くらいなので、ヘビーユーザー向け。

好みや経済力によるので人それぞれって感じですね。

 

ポイント制に向いている人

  • 狙った女性にだけメッセージを送る
  • 利用頻度は空いた時間にちょこちょこ会話するくらい
  • サイト内の会話は早めに切り上げて、LINEでやり取りする
  • 月額4000円は高いと思う

月額課金制に向いている人

  • 手当たり次第にメッセージを送りまくる
  • 何時間でもアプリを見てしまう
  • 残りのポイントを気にしたくない
  • アプリ内だけでやり取りしたい
  • 月額4000円なら安いと思う

 

結局どのサイトがいいの?

出会い系の選び方を解説してきました。

まとめると以下の通り。

  1. 会員数が100万人以上のものを選ぶ
  2. 運営会社をチェックする
  3. 年齢層、目的、料金を比較する
  4. 遊びは出会い系、真面目な恋はマッチングアプリ

この手順で選んでいけば、あなたに合ったサイトを選べます。失敗は少ないですよ。

 

「自分で選ぶのは面倒!おすすめ教えて!」という人には、出会い系ならワクワクメール、マッチングアプリならwithがおすすめですね。

私は自分で50以上のサイトを試してきたんですけど、総合力ではこの2つが一番良かったですね。頭一つ抜けています。

運営会社は誠実だし、料金も良心的。会員数やサポート体制なども申し分ありません。

詳しくは以下の記事で解説しているので、参考にしてみてくださいね。


withは真面目に恋人を作りたい人におすすめのマッチングアプリ

  ⇒ with公式サイトはこちら   この記事ではマッチングアプリのwithについて解説します。 メリットとデメリットの両面を紹介しているので、マッチングアプリ選びの参考にしてみ ...

続きを見る

 

 

こっちもチェック!

ワクワクメールとPCMAXを比較。出会えるサイトはどっち?

  優良出会い系サイトとして紹介されることの多いワクワクメールとPCMAX。 どっちがより出会えるサイトなのでしょうか? 優秀な方を使いたいですよね。 迷っちゃうなぁ   この記事 ...

続きを見る

ハッピーメールとワクワクメールを比較。初心者が会いやすいサイトはどっち?

  出会い系サイトの2大巨頭 ハッピーメールとワクワクメール 優良サイトと呼ばれる両サイトですが、 ユーザーにとって本当はどちらが良いサイトなのでしょうか? 特に出会い系サイトの初心者の方は ...

続きを見る

ワクワクメールとYYCを天秤にかける
ワクワクメールとYYCを比較。出会いやすさ、人気度、安全性、料金などを徹底評価します!

  ワクワクメールとYYC。 ワクワクメールが開設されたのは2001年。YYCは2000年。 どちらも運営歴の長い老舗出会い系サイトとして有名です。 では、どちらが利用者にとって有益なサイト ...

続きを見る

婚活サイトと出会い系サイトの違いは何ですか?同じと言う人もいますが・・・

  サイトによって会員の質が全然違うんだよ♪ みなさんからの質問 婚活サイトってのは出会い系とは違うのですか? 「同じだよ」と言う人もいれば、「出会い系サイトなんかと一緒にしないで」と言う人 ...

続きを見る

 

-出会い系サイトを比較

Copyright© 出会い系ナビねこ , 2020 All Rights Reserved.