出会い系サイト体験談 業者/サクラ/美人局

元出会い系サイトのサクラが語る悪徳サイトの裏側

更新日:

 

出会い系サイトの利用者が体験談を語ってくれるインタビューシリーズ。

第二回目の今回は、
なんと出会い系サイトでサクラをしていたアキト君にお話しをしていただけました!

悪徳出会い系サイトの中の人です。

サクラは何をしているのか、儲かるのか、どんな人たちがやっているのかなど様々な疑問に答えてくれました。

表には出てこない話だね

 

必見です!

 

アキト君のプロフィール

30代会社員。
サクラをしていたのは10年以上前。学生時代のアルバイトでした。

今の見た目はいたって普通のサラリーマン。
悪徳サイトの中の人でしたが、強面のヤ〇ザっぽい人ではありませんw

アキト君は私の古い知り合いで、居酒屋で飲みながら話を聞かせてくれました。

 

出会い系サイトのサクラになったワケ

―― 一般の人はなかなか知る機会がないサクラの実態を語っていただけるということで、ありがとうございます。

アキト なに固い言い方してんの?他人行儀な(笑)

―― これちゃんとしたインタビューだからね

アキト あ、そうなの?真面目に語るやつ?それならそういうつもりで行くわ。

固有名詞以外なら何でも話すよ(笑)

―― ではさっそく。アキト君がサクラをしていたのは10年以上前ですよね。

アキト そう。ガラケー時代(笑)

大学生の時、あの頃は全然お金が無くてさ。

学費の半分は親に出してもらっていたんだけど、一人暮らしの生活費は全部自分持ち。
奨学金は借金だから借りるのが嫌で、当時はとにかく自分で稼ぐことしか考えてなかったな。マルチまで手を出したりしてさ(笑)

時給の良いバイトを見つけたら即やってみるって感じで、学校はほとんど行かずにバイトばっかりしてた。

そんな時に友達から紹介されたのがサクラのアルバイトだったのさ。

――サクラをやることに抵抗感はなかったんですか?

アキト 最初は何の仕事か知らなかったんだ。メールオペレーターとか何とか言われて。「とにかくメールをするだけの仕事」って聞いてた。

面接に行ってみたらプロレスラーみたいにゴツクて金髪の人が出てきて、いかにも堅気じゃないなって感じの(笑)

その人に仕事内容を説明されて。
そこで初めて出会い系サイトのサクラの仕事なんだって分かったのさ。

時給は1400円と聞いて飛びついた(笑)

その時アルバイトしてたトンカツ屋がまかない付きで時給1200円だったんだよ。
当時は地方だとマックの時給が700円~800円とかだったからそれでも高い方だったんだけど、1400円は破格だよね。マックの倍だもん。

これはやるしかねーと。

――今から考えると信じられないくらい時給が安かったですよね

アキト 景気が悪かったからね。デフレデフレっつって。

サクラのバイトは勤務時間が決まってなくて、好きな時に自由に行けたんだ。

トンカツ屋と掛け持ちでやれたから、こりゃいいやって。

 

出会い系サイトのサクラの仕事内容や職場の雰囲気

――コアタイムとかもなく?どんな職場だったんですか?

アキト コアタイムもなかったよ。好きな時間に行って、タイムカード押して、ひたすらメールして、疲れたら帰ってた。

職場は古い雑居ビルの一室にあって、そこにパソコンがずらーっと並んでるの。50台くらい。そこに人がいっぱい座ってて、キーボードをたたく音が響いてる。普通の会社にも見えなくはないけど、みんな私服だし雰囲気がちょっと違う感じ。

――どんな人が多かったんですか?

アキト これと言って傾向はなかったよ。学歴、職歴、年齢、性別、何もしばりがなかったから、いろんな人がいた。

俺みたいな学生もいるし、フリーターもいた。売れてない役者とかミュージシャンとか。

年齢は20代~30代で、定職についてない人が多かったね。

男が多くて、女は2割もいなかった。

――女性は少ないんですね

アキト 男の気を引く会話は男の方が上手いんだよ。女は男の気持ちが分からないから。

――なるほど。そういう出会い系サイトを運営しているのはあっち系の職業の人なんですか?

アキト よくわからない。上の人は顔を見せないんだよね。

アルバイトをまとめていたのはバイトリーダーみたいな人で、その人が面接なんかもしてた。

その人以外のアルバイトたちは誰も運営者を見たことがないんじゃないかな?

――やっぱりヤバそうな感じがしますね

アキト ヤ〇ザのフロント企業みたいな感じなのかな?と当時は思ってたよ。

知らない方が安全だと思ってあえて聞かなかったね。どんなに長く続けたとしても大学卒業するまでと決めていたし。

――私ならすぐやめますよ(笑)

アキト 俺もやりたくなかったよ。

でもそれより金だったんだよね。マジで生活するのでいっぱいいっぱいだったから生きていくための手段と割り切ってた。早く就職してまともな仕事で稼ぎたいっていつも思ってたよ(笑)

その出会い系サイトにはサクラ以外の普通の女性会員もいたんだ。

サクラばかりで絶対に会えないというサイトではなかったね。普通の会員に紛れて俺らサクラがいた。

モテない男の相手を俺らがしているって感じもあったんだ。本来なら誰にも会えない男に希望を持たせるためにさ。

――仕事は具体的にどんな感じだったんですか?

アキト 出会い系サイトに登録した男からメールがくるから、それに返信するんだよ。女のフリして。

男たちは携帯からメールしてるんだけど、俺たちはパソコンで返信してた。その方が文章を早く打てるし、いろんな履歴を確認もできるし。

――履歴?

アキト 男のプロフィールや、男とやりとりしている女の裏設定、今までのメールのやりとりの履歴なんかがパソコンに表示されるんだよ。

男とやりとりしてるのは1人のアルバイトじゃなくて、複数のアルバイトが代わるがわるやっているから、過去のやりとりや女の設定(性格や恋愛遍歴など)が分かるようになっているのさ。

データを確認して女性を演じるんだよ。前はこういうやりとりをしていたとか、この女がよく使う絵文字はこの3つとかね(笑)

話が合わなくなったり、男に違和感を感じさせたりしちゃいけないからね。

――ノルマはありましたか?

アキト 1時間70か80っていう目標があったよ。

正確な数字は忘れちゃったけど、最低でもそのくらいは達成してい欲しいと言われてる数字はあったよ。

――ノルマを達成できないとクビ?

アキト そんなこともなかった。クビのラインは分からないけど、50通くらいしかやり取りできないことが続いてもクビにはならなかったよ。

注意っていうか、効率よくメールを送信するアドバイスを上の人から受けたりはする。プレッシャーは受けるよ。

――勤務時間も自由だし、意外とゆるいんですね

アキト そうだね。1時間に20通とかそんな程度だとクビになるけど。

やめる時も引き留めがあるわけじゃないし、突然来なくなる人もたくさんいたよ。「そういえば最近、あいつ見なくなったな・・・」みたいな感じで。

――そんな感じでも儲かるんですね

アキト サイトの料金が高いからね。メール1通300円だよ。10回メールするだけで3000円もするから、会社は儲かるよね。

当時は高いサイトだと1通1000円とかバカみたいな料金設定のところもあった。あんなサイトに誰が登録するんだろう?(笑)

今でも料金が高い出会い系サイトってあるだろ?そういうところは、だいたいサクラがいるんじゃない?知らないけどさ。

――料金が高いサイトは今もたくさんありますね。ワクワクメールやハッピーメールは1通50円だから安いですけど。

アキト ワクワクメールね。あそこはサクラがいないって当時も何回か聞いたことがあるよ。1通50円じゃバイト代も払えないもんね(笑)

そういえば、ワクワクメールで彼女を作ったバイト仲間もいたな。

――サクラの見破り方はあるんですか?

アキト いやー難しいと思うよ。

でも、サクラはずっとメールをし続けるのが仕事だから、サクラから具体的に会う約束はしないね。女から「会いたい」と具体的な約束をしてきたらサクラじゃないね。

逆になかなか会ってくれないからサクラというわけでもないし・・・。

話し方や話す内容が気持ち悪い男とか、態度が失礼な男がいるのさ。そういう男には普通の女だって会いたくないよね。

――サクラは見破れないと。

アキト 100%は無理。

サクラを見破るのは難しいから、最初からサクラのいないサイトを選ぶしかないんじゃないかな。それが一番安全だと思うよ。

――男性を引き付けるテクニックはありましたか?

アキト たくさんあるよ。

こっちは男が持っている残りのポイント数が分かってるから、ポイントに余裕のある男性とは適当に短文でやり取りをするのさ。効率重視で。男は「まだポイントがたくさんある」と安心してるから調子よく使うんだよ。

ポイントが残り少なくなると男は入金するかやめるかになるから、まだ続けさせるために言葉に注意して気を引くようなことを言ったりね。会える雰囲気を出すとか。

あとは・・・、化粧品とかブランドみたいに女は知ってて当たり前だけど俺は知らない話をされたら、サラっと話題を変えるってのもあった。

だんだん思い出してきた(笑)

――しつこく会いたがる男性も多いでしょ?

アキト めちゃくちゃ多い(笑)

「お前はまだ自己紹介もしてないだろ。ヤリモクかよ」って奴がたくさんいる(笑)

会いたがる場合は「〇〇さんのことは好きだけど、その日は予定がある」「〇〇さんに会いたいけど、休みが取れない」とか言って、のらりくらりとかわしてた。とにかくメールを続けることが目的だから。

――嘘ばかりついていると、精神的に病んできませんか?

アキト 真面目っていうか、素直で良い奴が相手だと心が痛む。こっちは男の本心が分かるのさ。ネカマだから。こいつきっと良い奴だなって。

会う約束をして寸前でドタキャンしたりね。やっぱり罪悪感あるよ。

メール代で100万円以上使いこむ男もいたし、ヤバいよね。

――で、やめる時はどうしたんですか?

アキト 上の人に「就職するんでやめます」と言って。

それでお疲れ様って感じだった。

俺の大学のときの生活を支えてくれて、あのバイトがあって今があるのも事実なんで、複雑な気持ちもある。

――その後、その出会い系サイトはどうなったんですか?

アキト 2年後くらいに見たらなくなっていた。会社がつぶれたとかそういう話は聞いてないし、当時のバイト仲間とも疎遠だから分からない。

やめてからは、一切関わってないから何もわからないんだ。

――アキト君が出会い系をやってみる気は?

アキト ないない(笑)

もう一生分メールしたよ(笑)

 

 

(あとがき)

アキト君がサクラをしていたのは昔のことなので、今とは環境が少し変わっているかもしれません。

でも今も昔もサクラの本質はまったく同じです。

女性のフリをして男性を騙す。メールを長く続けて男性にポイントを使わせる。

それだけですからね。

 

出会い系サイトでサクラのアルバイトをした女子大生のインタビュー記事がBuzzFeed(2019/4/20)に掲載されていました。

やっぱりやってることは今も同じみたいですね。

 

アキト君も言っていましたがサクラを見破るのは難しいので、サクラのいないサイトを選ぶことが重要。

ワクワクメールは設立当初から「サクラのいない唯一の出会い系サイト」と言われていたくらいなので安心ですが、
今はサクラがいないと言われていても昔は怪しかったサイトもたくさんあります。

最近はアプリが危険

スマホアプリは大学生のプログラマーでも簡単に作れるモノなので、詐欺師にとってはやりたい放題なんですよね。

GoogleやAppleもリジェクトして対応していますが、新しいアプリはどんどん出てきます。

運営歴の短いアプリや出会い系サイトには特に注意しましょう。

 

 ワクワクメール公式サイトはこちら

 

 

こっちもチェック!

ワクワクメールをシビアに評価!登録・入会する前にどんなサイトなのか知っておこう!

  ⇒ ワクワクメール公式サイトはこちら     「ワクワクメールなら恋人が作れる」 本当です。 「ワクワクメールならセフレが作れる」 これも本当です。 ただ誰でもという ...

続きを見る

ワクワクメールにサクラがいない5つの理由&出会い系サイトのサクラの実態

  「ワクワクメールにはサクラがいる」と口コミなどで書かれていることがあります。 これは真っ赤なウソの口コミなんですけど、 利用したことがない人は、何が嘘で、何が本当なのか分かりませんよね。 ...

続きを見る

出会い系サイトで割り切り&撮影をし続けた男が語る『売春の功罪』

  出会い系サイトの利用者に体験談を伺うインタビューシリーズ。 第五回目の今回は、 割り切り歴10年以上でハメ撮りをしまくってきた男性に『割り切りの実態』について語っていただきました。 イン ...

続きを見る

40代の独身おじさんが初めて出会い系サイトで婚活してみた

  今回の出会い系サイト体験談は、 「40代の独身男性の厳しい現実のお話」です。 見た目はどこにでもいる普通の中年男。 薄毛ではないけど少し白髪が混じっていて、痩せすぎず太り過ぎずのちょうど ...

続きを見る

 

-出会い系サイト体験談, 業者/サクラ/美人局

Copyright© 出会い系ナビねこ , 2019 All Rights Reserved.