出会い系サイト体験談

匂いフェチの看護師が出会い系アプリで彼氏を探してみた体験談

更新日:

 

出会い系サイトの利用者に体験談を伺うインタビューシリーズ。

第四回目の今回は、
匂いフェチの看護師さんにマッチングアプリwithの体験談を語って頂きました。

匂いフェチの女性って多いよね

 

「アプリはニオイがわからないから不満」という彼女。

しかし意外な出会いがあったそうです。

 

はるかさんのプロフィール

30代看護師。
目が大きくすらりとした体型。
芸能人で例えるなら中川翔子さんのような可愛い系。

可愛い容姿とは裏腹に、ひとくせある毒舌家。

 

看護師は出会いがない!

――今回はインタビューを受けて頂き、ありがとうございます。

はるか いえいえ。私で良かったですか?

――もちろんです!看護師さんにはインタビューしたいですからね。

はるか 若い子じゃなくてすいません(笑)

ベテランの年齢になってきました。三十路を過ぎちゃったので(笑)

――看護師さんは出会いが少ないと聞きますね。

はるか ホントないですねー。女性の職場な上に、友達も女性ばかりという子がほとんど。

生活の中には出会いがないので、マッチングアプリっていうんですか。そういうのを使ってネットで出会いを探す若い子が多いですよ。

――withでも看護師さんをよく見かけます。

はるか でしょ!?そういうアプリを使うか、男友達にセッティングしてもらってお食事会を開くか。そのくらいしか手段がないんです。

出会いにつながるような趣味を持っている子は良いな~って思っちゃいます。

――はるかさんは可愛らしいので、患者さんからナンパされそうですけどね。

はるか あ゛ー。

声をかけてくるのは年配の方ですね。

「結婚してないの?うちの息子どう?」って言われたことあります(笑)

若い人はあまり病院に来ないかな。

――看護師さんはモテる職業なのに出会いがないって不憫ですね(笑)

はるか うちの病院は不憫な子がいっぱいですよ(笑)

 

出会い系アプリが看護師たちの頼みの綱

――withを始めたきっかけは何だったんですか?

はるか 新人の子たちがやってたんですよ。男性の写真を見ながら「この人、カッコイイ!」「これはナイわー」なんてキャッキャ言っているから、興味が沸いて。

30過ぎて「私も仲間に入れて♪」とは言いづらいので、こっそり始めました(笑)

――(笑)

はるか 彼氏ができた子もいて。あの子でもいけるんだって思うじゃないですか。なら私も!って。

――どうでした?

はるか プロフィールを書いたり、載せる写真を選ぶのが面倒に感じました。最初だけですけど。

プロフィールはこだわらなければササっと終わるけど、写真はやっぱりこだわりますよね。

新人看護師たちが男性を辛口評価しているのを見てますから(笑)

私もあんな風に言われたらやだなって。昔の写真からも探して奇跡の1枚を載せました(笑)

我ながら詐欺ってるなと思いつつ。

――写真は重要ですよね。男性は顔だけで女性を選んでるようなところあるし。

はるか でしょ!?盛らないと!!

 

重要なのはプロフィールよりも男性のニオイ

――「いいね」はもらえましたか?

はるか 「いいね」してもらえたんですけど、男性のプロフィールを読んでもよくわからなくて。

――手抜きプロフィールですか?

はるか プロフィールを埋めてない人とか、写真を載せてない人は即切っちゃいます。

でもwithは好みカードや心理テストがあるので内面はよく分かりますよ。趣味が合いそうだなとか、価値観が近いなとか。そういうのは良いところですね。

それは良いんですけど、匂いが分からないじゃないですか?

――ニオイ?そりゃアプリだから・・・

はるか 私、匂いフェチなんです。男性の匂いをかいで、合うか合わないか感じたいんですよ。

――ニオイにこだわりがあるんですか?

はるか こだわりというか、この人の匂いなら大丈夫だなとか、うげーこれ無理っ!!とか。好き過ぎて女性ホルモン出ちゃう!とか(笑)

男性によって全然違うんですよ。

匂いが無理な人と一緒に車に乗るとか、拷問じゃないですか?

――フレグランスではダメなんですよね?きっと。

はるか その人の本来の匂いですね。香水でごまかすのはありえない。香水にも好き嫌いがあるし…。

――たとえば私のニオイはどうですか?

はるか あ、いいんですか♪失礼しますね♪

 

はるかさんは嬉しそうに私の耳の裏あたりの匂いをクンクン。

鼻がひっつくんじゃないかってくらいに近づけて嗅いできたので、ちょっとドキドキしました(笑)

 

――近い!近い!

はるか 近づかないと分からないじゃないですか。

――そうですけど・・・

はるか あー。はいはい。まあまあ。

――クサいならクサいって言ってくださいよ

はるか クサくはない。まあまあかな。悪い人じゃないです。

――人格まで分かるんですか?(笑)

はるか 分かりますよ。でも付き合うのはないかな。大丈夫、大丈夫。クサいとかそういうのじゃないので、一緒に車は乗れますよ♪

――なんか複雑な気持ちになりますね

はるか あははは(笑)

――はるかさんにとってはとにかくニオイが重要なんですね

はるか はい。最高の匂いの人がいるんですよ。ずっと嗅いでいたくなるような。

――エロ要素なんですか?

はるか それもあります。ムラムラしてきますから(笑)

――本能的な部分なんですかね?

はるか 絶対そうだと思います!

「女性の脳は男性の匂いを無意識で判別して、遺伝子レベルで恋人を選ぶ」って言いますよね!

私はそれが強いのかなって、自己分析してます。

――なるほど。じゃあ、アプリでは匂いが分からないから、理想の男性には会えなかったんですか?

はるか 会えました♪

――会えたんですか!?

はるか はい。最初はダメかもって思いながら見てたんですけど、性格診断とか、心理テストイベントとかやって、性格の合いそうな男性を探したんです。

心理学的に相性の良い男性とは匂いも合うかも?と思って。

――遺伝子レベルの恋だから!

はるか そうです!(笑)

性格診断や好みカードで共通点の多い男性を見つけて、この人なら・・・と、思い切って自分からいいねしてみたんですよ。

そしたらマッチングしてくれて。

こっちは会うつもりでいるから、押せ押せで(笑)

いいねしてから1週間後に会いました。

――で、ニオイを嗅いだんですね

はるか もちろん。カフェで会って、その場で。

キュピーンと来たんです!これだって!すぐに確信しましたよ♪

――彼は戸惑っていたのでは?

はるか 彼はいぶかしげな顔してました(笑)

その日は変わった子だと思われちゃったみたいなんですけど、その後、LINEを毎日するようになって、三週間後に付き合いました。

性格診断とか心理テストで相性の良い人はニオイも合うのかもしれません。もしかしたらニオイを嗅がなくても分かるのかも。

――生物学的な理屈からすると、そういうこともあるかもしれませんね・・・

はるか ありますよ!私が実証してます!

――彼は年齢が近いんですか?

はるか 30歳。ちょっとだけ年下です。

プロフィールには書かれていなかったんですけど、彼はリハビリテーションセンターで働いていて、仕事も近いんですよ。

私もいい年だし、うまくいったらなって思っています。

 

 

(あとがき)

はるかさんは私が引いてしまうくらいの匂いフェチ。

匂いの話題になったら目をランランと輝かせて喋っていたのが印象的でした。

そんな彼女が満足するほどの匂いを放つ男性と出会えたのは、偶然なのか、心理学の力なのか?

真実は分かりませんが、可能性はありますよね。

withは心理学を応用して相性の良い相手を見つけられるので、一度チャレンジしてみると面白いですよ。

 

 with公式サイトはこちら

 

 

こっちもチェック!

withは真面目に恋人を作りたい人におすすめのマッチングアプリ

  ⇒ with公式サイトはこちら   この記事ではマッチングアプリのwithについて解説します。 メリットとデメリットの両面を紹介しているので、マッチングアプリ選びの参考にしてみ ...

続きを見る

27歳理系女子OLの出会い系アプリ恋活体験談。スペック第一主義者の恋活。

  出会い系サイトの利用者が体験談を語ってくれるインタビューシリーズ。 第一回目の今回は27歳のリケジョOLさんが本音を話してくれました。 マッチングサービスの「with」を始めて1年の彼女 ...

続きを見る

食事だけのパパ活で月40万円稼ぐOLのパパ活サイト体験談

  出会い系サイトの利用者に体験談を伺うインタビューシリーズ。 第八回目の今回は、 パパ活で月に40万円を稼ぐOLさんにパパ活の体験談をお話していただきました。 月40万円ってすごいですよね ...

続きを見る

100人切りをしたビッチ女子大生に出会い系サイトの体験談を語ってもらった

  出会い系サイトの利用者に体験談を伺うインタビューシリーズ。 第七回目の今回は、 ビッチでパリピな女の子ナナさんにやりまくりの日常を話していただきました。 経験人数は驚異の3桁。100人切 ...

続きを見る

 

-出会い系サイト体験談

Copyright© 出会い系ナビねこ , 2019 All Rights Reserved.