ワクワクメール 安全性 質問コーナー

ワクワクメールの運営をしてるのはどんな会社?

更新日:

 

ナビちゃん
ワクワクメールを運営している会社を紹介するね

みなさんからの質問

ワクワクメールを運営している会社はどんな会社なんですか?

信頼できる企業なのでしょうか?

 

ナビちゃんの回答

ナビちゃん
けっこう真面目な会社なんですよ

 

ワクワクメールの公式サイトの「資金決済法について」というページには、名称として2つの企業名が記載されています。

有限会社コロン
運営委託会社 株式会社ワクワクコミュニケーションズ

つまり、ワクワクメールのオーナーは(有)コロンで、運営しているのが(株)ワクワクコミュニケーションズなんですね。

CopyRight 出会い系ナビねこ

有限会社コロン

有限会社コロン 公式サイトトップページキャプチャ画像

 

有限会社コロンは鹿児島県に本社を置く企業。

1998年に設立し、ワクワクメ一ル事業の他に大規模な太陽光発電事業も行っています。

創業地が鹿児島県で、福岡にも拠点があり、積極的な広告活動を行ってきました。
そのためワクワクメールは九州地方の会員数が圧倒的なんですよ。

 

所在地

本社 鹿児島県鹿児島市名山町2-14 シャトレー名山1F

企画部門 東京都港区赤坂9-5-12 パークサイドシックス401

営業部門 福岡県福岡市中央区天神5-5-19 天神赤い風船ビル本館8F

管理部門 鹿児島県鹿児島市易居町7-13 甲斐ビル2F

設立

1998年8月3日

資本金

300万円

従業員

80人

 

代表取締役は浜田研史さん。

2010年時点での従業員数は45名にも関わらず、売り上げはなんと39億円!!
当時はまだユーザー数が250万人でしたが今は750万人なので、さらに成長しているでしょうね。
3倍ですか?…凄すぎます。

浜田研史さんへのインタビュー記事はこちら。

お顔の写真も掲載されていますが、とても優しそうな笑顔をされる方ですね。

 

有限会社コロンの社内風景

2018年9月現在、コロンの公式サイトではサーバーエンジニアの募集もしていましたので、経験者の方は挑戦してみても良いかもしれませんよ。
フレックスタイム制で想定年収500万円~700万円。完全週休2日制、有給消化率86%。福利厚生もかなり手厚い。

ホワイトな感じがすごくしますね。

私が働きたいなぁ!

 

 

株式会社ワクワクコミュニケーションズ

株式会社ワクワクコミュニケーションズ 公式サイトトップページキャプチャ画像

 

株式会社ワクワクコミュニケーションズはワクワクメールの企画・運営に特化した会社。

代表取締役は大林正弘さん。

従業員の方は日本人だけではなく、台湾、韓国、中国、オーストラリア、エジプトなど国際色豊か。

有限会社コロンと同じくホワイトな仕事環境です。

 

所在地

東京都港区六本木7丁目5-11

資本金

300万円

連絡先

support@550909.com

0570-05-0909(対応時間:10~19時)

これらの情報はワクワクメールの公式サイトの「会社概要/特定商取引法」というページにも記載されています。

 ワクワクメール公式サイト(R18)

 

ワクワクコミュニケーションズはセキュリティが万全

ワクワクコミュニケーションズのサイトにはTRUSTeマークとJAPHICマークが掲載されています。

TRUSTeマークとJAPHICマーク

あまり聞きなれないかもしれませんが、
これは個人情報の管理体制が非常に高い企業にしか与えられないマークなんですよ。

TRUSTeマークは一般社団法人日本プライバシー機構が「OECDプライバシーガイドラインに従って適切に個人情報の取り扱いを実施しているWEBサイト」に付与しているもの。
つまりワクワクコミュニケーションズが個人情報を適切に取り扱っていることを第三者機関であるTRUSTeが認証しているんです。またトラブルがあればTRUSTeが仲介に入って解決してくれるんですよ。

JAPHICマークは特定非営利活動法人日本個人・情報管理協会が「個人情報保護法に従って適切な個人情報の取り扱いをしている事業者」に付与しているもの。
事業者が申請をすると、書類審査、審査員による現地審査、判定会議を経てマークを付与するかが決定されます。個人情報の保護体制が確立している企業しか認定を受けることができないんですね。

このようにワクワクメールは非常にセキュリティレベルの高い運営会社によって管理されているわけです。

 

国から認定を受けています

ワクワクメールのインターネット異性紹介事業 届出表記

 

ワクワクメールの公式サイトの一番下にはこのような記載があります。

総務省 電気通信事業者 届出番号 A-21-10852
インターネット異性紹介事業 届出・認定済み 認定番号 96090001000
わくわくめーる 商標登録 第4791362号

この中で注目したいのは「インターネット異性紹介事業」というところ。

インターネット異性紹介事業とは簡単に言うと、出会い系サイトやマッチングアプリのこと。ネット上で男女の出会いをあっせんするサイトですね。

こういったサイトやアプリを運営するには各都道府県の公安委員会に届け出をしなければなりません。
事業者には会員全員に年齢確認を行ったり、不適切な書き込みがあれば削除するなどの対応をすることが義務付けられます。

出会い系サイトとして真面目に運営しなければならないんですね。

そして公安委員会の監視下におかれているので、もし不正があればただちに経営者は逮捕されるんですよ。

大手の優良出会い系サイト「ハッピーメール」の社長も2015年に売春防止法違反の幇助の疑いで逮捕されたことがあります。(後に不起訴処分)
援助交際目的の業者(援デリ業者)の書き込みを削除せずに放置したことが問題視されました。

ハッピーメールのようにサイトの管理を徹底していないと、経営者が逮捕されることもあるんです。
厳しいですね。

ちなみに、ワクワクメールは健全に運営されてきたので個人情報が漏洩したとか、経営者が逮捕されたというようなトラブルは創業以来一度もありません。

健全な運営を徹底してきた成果ですね。

 

ワクワクメールのようにちゃんとした会社が運営している出会い系サイトは法律を守っているのでインターネット異性紹介事業の届け出をしているのですが、サクラのいるような悪質な出会い系サイトは届け出を出していません

出会い系サイトに登録する前には、この届出の記載があるかサイトをチェックしましょう。
なければ詐欺サイト確定ですから、絶対に登録しないでくださいね。

 

ワクワクメールの歴史

ワクワクメールは2001年にサイトが誕生しました。

当時はまだブログもSNSもない時代。

最初は掲示板サイトとして始まり、ネットの普及と共に携帯端末(モバイル)特化型のSNSサイトとして発展してきました。

2001年頃のワクワクメール

当時のサイトはこんな感じでした。
大学生が適当にコードを書いて作ったようなシンプルデザイン(笑)

今から比べると通信速度や携帯電話のスペックが低すぎて、携帯サイトは当時この程度ものしかありませんでした。
私はこの時期から使っていますが、こんなシンプルなサイトでも女子大生との出会いがけっこうあったんですよ。

サクラやプレゼント会員(キャッシュバッカー)がいない日本で唯一の専門サイトと書かれていますね。

本当にその通りで当時は今よりもサクラばかりの詐欺サイトが多かったんです。
真面目に運営されているのはワクワクメールくらいなものでした。

 

2007年にiPhoneが誕生し、ネットはモバイル化が加速。
その時代の流れに乗ってワクワクメールも急成長してきました。

しかし、出会い系サイト規制法が改正され、年齢確認が行われるようになったのもこの頃。
出会い系サイト業界には逆風が吹いた時代でした。

年齢確認についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ワクワクメールで年齢確認をしても個人情報を悪用されない?

  ワクワクメールに登録したよ!   登録したら今度は「年齢確認をしてください」と言われます。   年齢確認って何よ… そんな気持ちになりませんか? 私はなったんですけど ...

続きを見る

 

逆風を乗り越えた2010年頃のワクワクメールはイケイケ(笑)
キラキラしてますね。

2010年頃のワクワクメール

 

創立以来、女性向けの広告活動にも力を入れています。

女性向け雑誌にはよくワクワクメールの広告が載っていますよ。
掲載歴のある雑誌は「anan、BLENDA、egg、小悪魔ageha、Fine、huppie nuts、KATY、JELLY、ranzuki」など。

新宿や渋谷の街頭広告も見かけますし、福岡ではアートコンペというイベントも行いました。

その甲斐あって、ワクワクメールの男女比は6:4となっています。

普通の出会い系サイトでは7:3とか8:2が当たり前。

女性が圧倒的に少ないので、会えない男性が多いんですね。

その点、ワクワクメールは優秀です。

 

 

2013年くらいになると今のデザインとほぼ同じに。

2013年のワクワクメール

 

当時はこれで良かったのですが、今となっては古さを感じますね(笑)

ワクワクメールさん、お洒落なデザインに変えようよ!

 

 

現在は会員数755万人以上、1日の登録者数1600人以上、1日のPV数が約1000万以上という超巨大サイトに成長しました。

今の10代20代の若い世代ではかつての出会い系サイトのイメージはなくなり、ネットで出会いを探すのが当たり前になってきていて、ワクワクメールにも追い風が吹いています。

一体どこまで成長し続けるんでしょうね。

 

 ワクワクメール公式サイト(R18)

 

-ワクワクメール, 安全性, 質問コーナー

Copyright© 出会い系ナビねこ , 2018 All Rights Reserved.