アプリ ワクワクメール

ワクワクメールのiPhoneアプリにAI技術が導入された!出会いをAIが見つけてくれる時代に突入!

投稿日:

 

新時代の技術として今一番熱いのがAI

「AIを制する者が次の世界を制する」とまで言われていて、アメリカや中国の企業が数兆円単位の巨額の投資を行ってAIの覇権争いをしています。

日本は米中に比べるとAI技術が周回遅れだと言われているものの、一部の分野では積極的に開発が進んでいます。

その分野のひとつがマッチング業界

人と人との相性を決定するのにAIが大きな力を発揮しています。

就職業界では会社と人材をマッチングさせるのに利用され、恋愛・婚活業界では相性の良い男女を紹介するために利用されています。

そんな中、ワクワクメールでもAIを活用する取り組みが始まりました。

この記事ではワクワクメールのAIと、AIが恋愛市場にどんな変革をもたらすのか紹介していきます。

少子化が解決するかも!?

ワクワクメールがAIの導入を実験的に開始

ワクワクメールの運営会社ワクワクコミュニケーションズは2019年5月20日付けで以下のプレスリリースを出しました。

 『ワクワクメール』がAI導入

株式会社ワクワクコミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大林 正広)は、恋愛・婚活支援Webサイト&スマホアプリ『ワクワクメール』において、”相性の良い男女カップル”の成立を手助けするAI(人工知能。以後、AIと呼称)の試験提供を開始しました。

 

今回ワクワクメールがリリースしたのは、AIが会員ひとりひとりに対して相性の良い人を紹介してくれる機能です。

 

これまでは自分と相性の良い人と巡り合うまでに時間がかかっていたんですよね。

異性のプロフィールや掲示板の書き込みを読んで、自分の気に入った人を見つけ、アプローチのメールを書き、相手も自分のことを気に入ってくれればやり取りができ、気に入ってもらえなければそこで終わりでした。
順調に会えたとしても、交際が長続きしなかったり、1回お茶しただけで終わりということもあります。

実生活での出会いも、ネットでの出会いも同じですね。
私たちは何度も失敗を繰り返して、最終的に結婚相手と巡り合うわけです。

 

しかしAIの導入によって、失敗する回数が減ることが期待できます。

最初から相性の良い人を見つけられるので、失敗する確率が小さいんですね。

AIに提案してもらった異性とやり取りをすれば、すぐに意気投合して会えるし、長く続く関係になる確率が高くなるということです。

野球で例えるなら、1本ホームランを打つのに100回打席に立たなければいけなかったのに、AIによって選球眼が身に付き10回打席に立てばホームランが打てるようになるようなものです。

 

そんなにうまくいくの?

AIが深層学習をして精度を高めていくためには膨大な学習用のデータセットが必要です。

ワクワクメールのAIはまだ試験リリースされたばかり。今回の機能も5月中旬~下旬までの期間限定でした。しかもiPhoneアプリ版のみ。

本格導入されるのはもう少し先で、今はAIの学習期間という感じですね。

自動学習中の人工知能

学習期間が終われば劇的に精度の良いものがリリースされる可能性が大いにあります。期待したいですね♪

 

普通のソフトウェアとAIの違い

今さら聞けないんだけど…
AIって何?

一般的なプログラム(アルゴリズム)とAIの違いを理解していない人は多いです。

ここで簡単におさらいしておきましょう。

 

普通のプログラムはブログラマーの考えや意図通りにデータを処理します。

単純労働みたいなもの。プログラマーに言われた通りのことをしているだけです。

スマホのアプリはほぼ100%普通のプログラム。データを入力するとプログラマーが期待した通りの答えを返します。

 

AIは自分で答えを見つけるんだ

AIは違います。

まず最初にAIに大量のデータ(ビッグデータ)を解析させます。するとAIはデータのパターンを自動で導き出し(深層学習)、独自のプログラム(関数)を作ります。
十分に学習が進んだら解析したいデータを入力します。するとAIが自分で作り出したプログラムを使って答えを返します。

AIが自分でプログラムを作るので、プログラマーの予想を裏切る答えを出すことも多いです。人間の想像を超えるんですね。

AIはあらかじめプログラマ―が決めた処理を行うのではなく、自分で分析した結果に基づき最適な処理を行うわけです。

自分で考えて自分で答えを出すから「人工知能」と呼ばれるんだね

自分でプログラミングをする人工知能

 

最近は一般的なプログラムのことをAIと言って消費者をだます企業が多いです。

根本的にまったく違うものなので注意してくださいね。

本物のAIを活用している企業はまだ非常に少ないです。

 

AIの能力は人知を超えた

囲碁で大きな話題に!

囲碁、将棋、チェスなどのゲームでAIの凄さが話題になりましたね。

2016年にはDeepMind社が開発したAI『AlphaGo(アルファ碁)』に膨大な数の対戦データを自動学習させた結果、世界最強の棋士イ・セドル9段に4勝1敗で圧勝しました。2017年にはカ・ケツ9段も破ります。

プロ棋士たちはその衝撃をこう語っています。

小川誠子六段「アルファ碁の強さに驚きました。中盤から後半がとくにしっかりしています。コンピュータなのに、感情が入っている気がしたくらいで、李九段とは人間同士の碁のように楽しみました。」

依田紀基九段「李九段との対局中にもどんどん強くなっている印象で、3局目は完璧な打ち回しでした。アルファ碁の強さは疑いようがないレベルです。」

引用元:「AI碁」歴史的勝利の衝撃 レジェンド棋士5人はこう見た

それ以来、若い棋士たちを中心にAIの打ち方を研究するようになったそうです。
今やAIが教科書になったんですね。

 

AIが人と人をつなぐ

AIは囲碁などのゲームだけでなく、次世代交通システム、システムトレード、医療などですでに活躍し始めています。

そして人材領域(転職、マーケティング、恋愛)などでもすでに応用されているんですよ。

各分野で応用される人工知能

IBMのWatsonは、患者の病名を当てたり、その人の能力を活かして働ける企業を紹介してくれたりします。

 

恋愛市場では、結婚相談所のパートナーエージェントが2018年6月に業界初のAI『KIBIT』を取り入れました。マッチングアプリのPairsも2018年12月に東大と組んでAIを活用したマッチングアルゴリズムの開発を始めたことを発表しています。

今はまだ両社とも開発段階。
ワクワクメールと同じく本格的な運用はまだ先のようです。次世代の技術なので一朝一夕にできるものではありませんからね。

しかしAIの進化はとても早いのが特徴です。

囲碁の世界では「人間に勝てるようになるのは10年~30年先のことだろう」と2015年までは言われていましたが、あっという間にAIが進化して人間は完敗しました。

恋愛市場においても「あなたの人生を変える最高の異性を紹介するAI」が登場するのはそんなに遠い未来のことではないかもしれません。

AIによって結婚するカップルが増えて深刻な少子化問題が解決したら、こんなに素晴らしいことはありませんね。

問題が解決して喜ぶ子供たち

 

面白いと思ったらポチッ♪
⇓⇓⇓

-アプリ, ワクワクメール

Copyright© 出会い系ナビねこ , 2019 All Rights Reserved.